忍者ブログ
ネトウヨさんいらっしゃーい♬
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネウヨ亭ウヨ衛門でございます。
 皆様方、お久しぶりでございます。久々と言っては何でございますが、この蒼い彗星群はさらにパワーアップを果たしております。
 そこで、ネトウヨ川柳というものがTwitterやmixiでございます。この蒼い彗星群でも使って構いませんのでぜひともどんどん投稿をお待ちしております。
PR
 アルファとおるです。
 今回はこんなニュースを流します。

小林よしのり氏「ネトウヨの教祖は安倍晋三」
4月19日09時32分
提供:アメーバニュース/政治・社会

 安倍晋三首相(58)は衆参各院の「3分の2以上」の賛成で国会が発議し、国民投票で過半数の賛成を得なければ憲法を改正できないと規定する「憲法96条」を改正する方針を表明しているが、漫画家の小林よしのり氏(59)がブログで憲法96条改正に異を唱えている。
 安倍首相は、発議要件の「3分の2以上」を「『2分の1』に変えるべきだ」との考えを示しているが、小林氏はブログで「これは立憲主義の崩壊に繋がる愚策」と反論。
 小林氏は憲法96条改正について、テレビや新聞の取材が増えてきていることを明かしており、「自称保守で改憲派は、安倍政権マンセー状態で、思考停止である。リベラルや護憲派は、もう悪性ナショナリズムに流されるままで、言葉に力を持たない」ことから、以前から安倍政権を批判している小林氏への取材増加に繋がったと分析している。
 取材が増え、小林氏は「オウム真理教と戦ったときと同じように、ネトウヨと戦うわしの株が上がる周期に入ってきそうだ」と綴っており「オウムの教祖は麻原彰晃だが、ネトウヨの教祖が安倍晋三であることも、もっと国民に知らせてやろうと思う」とコメントを寄せている。
 「憲法96条改正」については「『憲法96条改正』の重大な危険性に、気付いてる者が少なすぎる」としており、2013年4月18日に掲載の「『小林よしのりライジング』号外」で自身の「憲法96条改正」問題に対する見解を公表することを明かしている。


 愚かなものですねぇ。
 小林だって従軍慰安婦はいなかったという自由主義主観の信奉者だったじゃないですか。この問題はいろいろな立場の方がいて存在しているかいないかも含めて議論はあります。ですが、あったという事実は揺るがないのですよ。
 2008年10月30日の[国連(連合軍)・自由権規約委員会]で第2次世界大戦中の従軍慰安婦問題で、謝罪と補償措置を求めるなど日本に厳しい注文が多く出されました。これまで行われた日本政府による元慰安婦への補償措置を「十分でない」と指摘して厳しく批判し日本政府に対し、同問題での法的な責任を受け入れるとともに、被害者の大半が受け入れるような十分な謝罪と適切な補償措置を早急に講じるように求めました。
 自由権規約委委員会は、各国の人権状況を定期的に審査する組織で、意見書に盛り込まれた勧告に拘束力はありません。ですが、議論の過程において被害者や加害者の聞き取りも当然行われており共通した結論が導き出されているのは自然のことなりなのであります。
 その事実に小林は慄いているのではないですか。1996年にクマラスワミ報告書が国連人権委員会に提出され、慰安婦制度が国際法違反であり、日本政府に対して慰安婦に対する賠償を勧告しました。この報告書には不完全な点はありますが、問われるべきは人数や金額ではなく、犯した罪への真摯な反省なのであります。
 こんなたとえ話をいたしましょう。交通事故を起こした加害者が謝罪をしていたが裁判で「あれは致し方がなかった」と言ったら被害者はどう思うのでしょうかね。全くとんでもない暴言でしょう。日本政府のとっている態度はその態度にしてしまおうという姿勢がバレバレです。安倍もその姿勢に従っているのは従軍慰安婦を否定する新聞広告をアメリカで出した際にいっしょに署名した事実から見え見えです。
 小林の頭はそうした事実もない、薬害エイズでふらふらふらついて従軍慰安婦の問題でもふらつく有様です。安倍と同じ穴のタコツボで痛いタコ踊りを披露しているのには嘲笑ものであります。
司会者「それでは次は、みなさまお待ちかねの、新感覚のネトウヨまんざ…あれっ」
「どうも~ザ・いいんだよ~ずです!」「………フン」
司会者「ええと、リハーサルのときとはメンバーが変わったようですが…」
「あっすんません、ビビるのやつ、インコにエサをやるのを忘れとったとかいうて、帰ってしまいましてん」
司会者「ええっ」
「すんませんけど、代打がコイツしかおらんかったもんで。もちろんネトウヨでっせ。
うちらの付き人ですねん」
「……」
「はよ挨拶せんかコラ」
「……」

バシッ。

「…付き人のアホックだけど、何か?」
「すんません、コイツ愛想がないことだけが取り柄なもんで」
司会者「…いやそれは、取り柄とは言いませんよねフツー」
「あんたさあ、ちょっと聞くけど、本当に日本人?」

バシッ。

「まだ始まっとらんわ!」
司会者「…ハハハ、なんかもう、漫才どうでもいいような気もしてきましたが、それではザ・いいんだよ~ずさんによる新感覚のネトウヨ漫才どうぞ」


「えー最近ですが、ビビる○木くんが大変なことになってますねえ」
「……興味ない。他人とつるむのはあんまり好きじゃない」

バシッ。

「空気読めやおまえは!!」
「反日!」
「まあそのー、ビビるくんもアホが極まって、ついには相手を間違えて、無関係の他人の『なう』に突撃してやな、そのまましらばっくれたりしとったわけや」
「そんなことより、WW2の原因はなんだ?」
「40近くなってやな、いいおっさんがやで、そんなん恥ずかしくてやってられませんがな」
「おいおまえ、質問に答えろ」
「黙ってインコの世話をしとれっちゅうんですわ」
「そのインコの国籍は?日本人か?」
「そういえばけっこう前の話やけど、どこぞのアホなネトウヨが、片思いの相手と間違えて、他人のブログに突撃コメントをしてまってやな、『アホか。ワシは○ム夫とちゃうわ』言われて笑いものになったことがありましてん」
「そんなことより私の質問に答えろ」
「よっぽど好きやったんやろな」
「答えられないのか?」
「それがまあ、片思いいうてもやな、相手は『男』やってん」
「答えになってないぞ」

バシッ。

「おまえが突撃してんねん!!」
「…質問から逃げたな」
「それでまー、ネトウヨいうのはすーぐウソをつきますねん」
「さすがは日本人」
「○玄○東いうネトウヨのおっさんはやな、13ヶ国を旅したとか、海外生活が長いから日本語が乱れるいうてまんねんで」
「フッ、国際性なら私だって…」
「そのくせやな、グーグル翻訳機をフル活用しとるいうんやから、そもそも話がおかしいっちゅうんじゃ」
「…えっテレサ・テンて台湾なの?」

バシッ。

「当たり前じゃアホ!!」
「ももももちろん知っていたに決まってるさ、フフン」
「ほかにもまあ~、中国と韓国の両方で暮らしたことがあるとか」
「日の丸の赤は、血の色だ…」
「中国朝鮮族の女の子と付き合ったことがあるとか」
「日の丸を見ると、つい涙ぐむ…」

バシッ。

「気持ち悪いなおまえは!!」
「不良外国人!」
「それでまーだいたいが、そんなことならやな、ちょっとくらいの読み書きはできるのが当然や」
「日本人は優秀」
「呼ばれもしないのに腕試しゆうてやな、在日の人のとこへ押しかけるなら、いっぺんくらいハングルでやって見せたらどうやねん、ちゅう話や」
「日本人は謙虚」
「朝鮮族の女の子とやな、いったい『何語』で会話したっちゅうねん」
「日本人は以心伝心」
「どうやって口説いたっちゅうねん。おかしいやろほんまに」
「日本人は優れている」

バシッ。

「おまえは優れとらんわ!!」
「核心をつくな!」
「それでまあー、ネトウヨいうのは次から次にウソをつくもんで、『カナダ在住のコリアンとメールで話した』いうてるネトウヨがおりますねん」
「さすが日本人だ」
「どんだけ英語ができるっちゅうねんほんまに」
「さすがは日本人」
「そいつのお母さんいうのが、ネトウヨの息子を橋の下に捨てはったいう、キッツいお母さんやねんけど、最近、英語のブログを始めはったんですわ」
「日本人の美意識は…」
「息子はごっつ恨んどるわけやこれが」
「日本人が…」
「こうなったら、突撃してボコボコにしてやるっちゅうねん」
「日本人は…」
「ここがおかしいあれがおかしい言うて、こきおろしたるちゅうねん」
「日本人が…」
「それがあんた、なーにも言われへんねん。いったいどういうことや」
「日本人は…」
「もしかして、まともに英語が読まれへんのやないかい」
「日本人が…」
「ほなら、カナダのお友達はどうしたっちゅうねん」
「日本人は…」
「グーグル翻訳機の五段活用かっ、ちゅうねん」
「日本人が…」
「ググらんかい、ググりますねん、ググるに決まっとるがな、ググればよろしい、ググろうやないかい」
「面白くないからもう議論しない」

バシッ。

「誰が議論しとるねん!!」
「どうもありとやしたー!!」
「……フフッ上手くボケれたぞ」
 アルファとおるでございます。
 昨日はネトウヨ漫才がかなり好評でして、リクエストが満載でした。そこで、第二弾を用意させていただきました。なお、肝心の録画テープがなくなってしまいましたので皆さんご哀愁なことに過去の名作につきましてはしばらくお休みとさせていただきます。

ザ・いいんだよ~ずの「ネトウヨ漫才」 その2
2012年12月14日 14時01分08秒
Theme: ネトウヨ漫才
posted by nothingrealymatters

【「ザ・いいんだよ~ず」によるネトウヨ漫才 その2】

司会者「それでは次は、ザ・いいんだよ~ずさんによる新感覚のネトウヨ漫才をお送りします。前回の出演で好感度アップ、話題急上昇中のお2人、どうぞ~」
「どうも~ザ・いいんだよ~ずです!」「どうも~ザ・いいんだよ~ずです!」
司会者「どうもお2人、どうですか急に人気者になった感想は」
「おかげさまで、取材が殺到して困っとる…いうわけでもないんですわ。ネトウヨいうんは、もともと嫌われものですやん」
司会者「ハハハ、そうですか、それもそうですね。ビビるさんはどうですか?」
「……」
司会者「あっへんなところを揉まないで!」

バシッ。

「ハッすんません」
司会者「もういいです、いいですから、それではザ・いいんだよ~ずさんによるネトウヨ漫才どうぞ(汗)」

「えーネトウヨいうんは、ほんまにしょうもないもんですわ」
「そうねそうね」
「あいつら四六時中、他人の顔のことばっかり言いよりますねん」
「ほお~そうですか」
「エラが張ってるの、目が吊ってるの、だいたいネットでどうして相手の顔のことがわかりますねん」
「わかるわけないな」
「そもそも自分の顔はどうだっちゅうねん」
「そうやそうや」
「どんだけシュッとした色男やっちゅうねん」
「ほんまやほんまや」
「見たこともない他人の顔に文句があるなら、いっぺんくらい、自分の写真を出してみいっちゅうんじゃ」
「そのとおりやな」

バシッ。

「おまえが言うとるんやないけ!!」
「すんません」
「それでまー、自分の顔がいったいどうなっとるのかわかりませんが、やたらに『いい女が好きだ』とか言いよるネトウヨがおりますねん」
「ほお~そうですか」
「そいつは飲み屋でしか女を口説かれへんねん」
「ほお~それはまわりに女がおらへんのやな」
「そいつの究極の口説き文句を知っとりますか」
「教えて教えて」
「俺のために時間を取ってくれてありがとう!!」
「ダハハハハハハ!」

バシッ。

「おまえが言うとるんじゃ!!」
「すんません兄さん」
「それでまーネトウヨいうんは、なぜかすーぐネカマに騙されますねん」
「ほお~そうですか」
「○玄○東いうネトウヨのおっさんは、美人アイコンだったら全部本物の女だと信じてまうような、しょうもないアホですねん」
「ほお~それはアホやな」
「どう見ても風俗の姉さんの写真やのに、『こんばんみー』言うてまうねんで」
「そらどうしょうもないアホやわ」
「ほかにもそんなんいくらでもおりますねん。どう考えても女なわけはないやろいうのに、ずっと騙されとるヤツがいくらでもおりますねん」
「ほお~それは気の毒やな」
「だいたいむごい事件のことをやな、事細かに詳しく書いて『みなさんこれを見てください!なんてひどいの!』とか言うてるような、そんな女は有り得へんで」
「ほお~それは有り得ませんな」
「なおかつ、『女ならそんなこと正気で書くかいな』いうて、他の女の人から疑われてまんねんで、いいかげんに気がつけやそんなもんは」
「そら、よほどのアホちゅうことやな」

バシッ。

「おまえじゃアホ!!」
「どうもありとやしたー!!」
「どうもありとやしたー!!」
 パソコンの前の皆様方、アルファとおるでございます。
 今朝は今までにない斬新な漫才、ネトウヨ漫才をご紹介いたします。司会者は元気溌剌な才女、パブロン中毒さんであります。なおあいにくではございますが録画したものを文章にしてここにまとめさせていただきましたので是非とも皆さん読んでくださいねぇ。


ザ・いいんだよ~ずの「ネトウヨ漫才」
2012年12月13日 14時29分05秒
Theme: ネトウヨ漫才
posted by nothingrealymatters
【「ザ・いいんだよ~ず」によるネトウヨ漫才】

司会者「それでは次は、ザ・いいんだよ~ずさんによる新感覚の…ネ・ト・ウ・ヨ漫才をお送りします。あっ、どうも、ハリセン持参ですね。これまた元気がいいことで」
「どうも~ザ・いいんだよ~ずです!」「どうも~ザ・いいんだよ~ずです!」
司会者「それでは簡単に自己紹介をどうぞ」
「僕がツッコミ役の『いいんだよ』です」
司会者「はい、あなたは」
「……」
司会者「あっ、へんなところを揉まないで自己紹介してください」
バシッ。
「ハッ、すんません」
司会者「だから、お名前を」
「ボケの『ビビる○木』です」
司会者「ホッ。それでは、どうぞ」

「えー最近ネットをやっていますと、まあーへんなのがいますねえ」
「いるねいるね」
「ネトウヨって呼ばれてるらしいんですけど」
「ほお~そうなの」

バシッ。

「おまえがネトウヨや!!」
「すんません」
「それでまあーこいつらがバカのひとつ覚えのように『在日認定』いうのをしよるわけですわ」
「ほお~在日認定。なんですのそれは」

バシッ。

「おまえがやっとるやんけ!!」
「すんません兄さん」
「それでまあーネトウヨいうのはまともな日本語も書けないアホばかりなもんで、『今生陛下』なんてデカ文字で書いて、誰かに笑われるまで気がつかんのですわ。まったくビールやあるまいし」
「ほおお~そんなアホがおるんかいな」

バシッ。

「おまえが書いたんじゃ!!」
「すんません兄さん」
司会者「あ、あの~ビビるさんはちょっと出血が…」
「あ、気にせんといてください。いつもですから」
司会者「そそそそうですか」
「それだけやないんですわ。ネトウヨいうのは結局のところ、いじめられっ子のビビりどもが、せめてネットで怨念を晴らしたろ思て、仕返しをしてるというだけの話ですやん」
「ほおお~そうですか」
「そやから、キッツいコメントを書かれると、怖くて読めないからスルーしてまうんですわ」
「ほおお~それはビビりですわ」
「それで『アンタ、ビビってあたしのコメント読んどらんやろ』いうてツッコまれると、『長くてウザいから読まなかっただけ』とか抜かしよる」
「ほおお~そんなん言い訳にもなっとらんわ」

バシッ。

「おまえじゃアホ!!」
「どうもありとやしたー!!」
「どうもありとやしたー!!」
HOME |
フリーエリア
 「大森署管内エレベータ内強制わいせつ事件犯人」   「似ている男を知っている人は、ご一報ください」


↓「匿名で写真が送られてきました」
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[02/03 伊藤浩士]
[11/16 オールジャパン]
[11/12 オールジャパン]
[11/10 七味のオカマ]
[11/08 NONAME]
[09/05 鶴橋騎士団]
[08/16 塩屋の寅]
[08/16 塩屋の寅]
[08/16 塩屋の寅]
[08/16 塩屋の寅]
[08/16 えびますとどん]
[08/14 ペク・ハクエー]
[08/14 ペク・ハクエー]
[08/11 塩屋の寅]
[08/11 塩屋の寅]
最新記事
(11/14)
(11/14)
(11/09)
(11/08)
(11/07)
(11/06)
(11/05)
(11/04)
(11/03)
(11/02)
(11/01)
(10/31)
(10/30)
(10/29)
(10/28)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]